家族葬について思ったこと

最近、葬儀に参列する事が多いような気がします。主に親戚の葬儀ですが、家族葬が多くなったなぁという印象を受けます。
亡くなった親戚はほとんどが高齢者で、中にはあまり会ったことのない人もいます。
しかし、割と近くに住んでいる事や、母を葬儀場まで車で送らなければいけない為に、私も一緒に参列する事が多いのです。
私がまだ学生だった頃は、祖父の葬儀でも大勢の人が参列していました。
祖父はまだ70代で、会社をもう引退していましたが、父や伯父の会社関係の方なども大勢参列してくれていました。また、沢山の近所の方も参列してくれていました。
しかし最近は、なるべくお葬式を他の人に知られないように家族葬が多くなったと聞きました。
大勢の人が参列するお葬式が当り前だと思っていましたが、家族葬は、遺族や親戚だけで行う為、ゆっくりと故人を見送る事が出来ました。
親戚が亡くなった時にはなんだかさみしい葬儀だなぁと思った事もありました。
しかし義母が亡くなった時に本人の強い要望で家族葬を行う事になったのです。
義父が喪主として葬儀を行いましたが、私たち夫婦も葬儀の準備をお手伝いしました。
遺族として葬儀を行うのは初めてでしたが、こんなに葬儀を行う事が大変だとは思いませんでした。
家族葬とはいえ、葬儀の準備はとても大変です。参列者が大勢いる一般葬だったらと思うとぞっとしてしまいました。
義母の葬儀を通じて思った事は、大変だったけど、きちんとお別れする事が出来たという事です。
家族葬が多くなってきた理由が少し分かった出来事でした。